Q1:鉄材のミルスケール(黒皮)の処理は?

A:ミルスケール、赤さびなどは、除去してから塗装してください。
赤さびが散見されるようなミルスケールの上から塗装すると、さび止め能力を充分に発揮できない可能性があります。
これは、素地とミルスケールの間で既に腐食が進んで入る可能性が高いためです。

Q2:ローバルを剥離したいときはどのようにしたらいい?

A:塗装後1ヶ月以内:専用シンナーで拭き取ることは可能と思われます。
塗装後3ヶ月以上:屋内ではシンナーで拭き取ることは可能と思われますが、屋外に放置されると、徐々に塗膜が固く安定な皮膜に覆われていきますので、シンナーだけでは剥離できない可能性があります。このような場合は、グラインダーなどで物理的に塗膜を削り取る、または剥離剤などによりはく離することになります。

・ローバル、ローバルシルバー、ローバルαを剥離する:ローバルシンナーをご使用ください。
・エポローバルを剥離する:エポローバルシンナーをご使用ください。
・水性ローバルを剥離する:シンナーでの剥離は不可能ですので、グラインダーなどで剥離してください。

Q3:素地調整について、酸は使わなくていいの?

A:酸洗い処理は可能ですが、完全な中和が難しい場合が多いため、2種ケレン以上を推奨します。

Q4:ローバルで亜鉛めっきの溶接箇所や切断面を補修する方法は?

A:素地調整の種別は2種ケレンです。
溶接・溶断のスパッター、スラグなどをディスクサンダーなどの動力工具、及びスクレーパー・ワイヤーブラシなどを併用し除去する。
溶接ビートの凹凸は動力工具を使用し滑らかにする。
ごみ・ホコリ、付着物など無い清浄な金属面を露出させる。
ローバルを充分撹拌し塗料液が均一になったことを確認した後、速やかに置いていくように塗装する。(推奨塗膜厚:80μm(2回塗り合計))

Q5:海塩粒子や融雪剤が懸念される箇所での素地調整の方法は?

A.高圧水洗洗浄を実施し、表面の塩素を除去して下さい。
  塩素濃度50ppm(50mg/㎡)以下であることを確認してから塗装を実施して下さい。