Q36:ローバルの使用用途例

使用分野使用代表例
土木関係橋梁支承部、陸橋、めっき橋、グレーチング、鉄筋、耐震補強、土木用めっき資材
建築関係電気・ガス・水道等鋼管、ゴルフ場等のネット支柱、球場柱、ビル・家屋鉄骨柱・梁、仮設足場、手すり、安全柵、外部階段、各種架台、鉄サッシ、立体駐車場、避雷針、耐震補強
電力・通信関係鉄塔、鉄柱、パンザマスト、電力機器用架台、碍子金具、各種アンテナ、トランスハンガー、変圧器
船舶漁業関係冷凍施設、錨、鎖、集魚灯、浮標、油槽、各種艤装金物、配管金物
鉄道・運輸・道路関係防音壁、架線鉄構、送電鉄塔、照明柱、ガードレール、標識柱、フェンス、レール
農業園芸関係温室、サイロ、養鶏舎、農業用組立構造物、灌漑用パイプ、農機具、ビニールハウス
環境衛生関係環境衛生設備、焼却炉、各種タンク外面

Q37:ローバルシリーズをパイプやタンクの内面に使用したいが?

A:耐水性に関しては、溶融亜鉛めっき同様優れた効果を期待できます。
ただし、飲料水タンクの内面へは亜鉛の溶出があるため使用しないでください。
また、40℃以上の温水では亜鉛の消耗が大きく耐用年数が短くなります。
なお、タンク外面や配管には塗装可能です。

Q38:ローバルを冷却機のドレンパンに使用したいが?

A:冷却器のドレンパンへは使用しないでください。
塗膜に侵入した水分が凍結・解凍により収縮・膨張が繰り返され、塗膜にクラックが入り剥離しやすくなるためです。

Q39:ローバルシリーズを回転するファンに塗りたいが?

A:使用可能です。
粉塵やゴミが塗膜に当たり、傷が付く可能性がありますが、一般塗料のように塗膜はく離が広がることはありません。

Q40:コンクリートに埋める鉄筋へ使用できる?

A:使用可能です。
ただし無塗装の鉄筋に比べ、付着強度が若干低下します。
「ローバル」および「エポローバル」を塗布した鉄筋と、コンクリートとの付着強度試験の報告書をご用意しています。
※ローバルシルバーは含有するアルミとコンクリートのアルカリが反応するため不可

Q41:流水条件下での使用上の注意点及び冷却ラインへの使用について。

A:流水により塗膜中の亜鉛が摩擦(エロージョン)及び、溶出するなど一般環境に比べ亜鉛の消耗が大きいため、素地調整、塗膜厚の管理が重要です。
特に40~70℃の温水中では亜鉛の溶出が激しくなりますので注意が必要です。
水質を問題視するのであれば使用は避けて下さい。

冷却ラインへの塗装は、適宜メンテナンスを実施するということで採用されているケースもあります。

Q42:飲料用水タンクへの塗装について。

A:上水道など飲料用配管内面への使用は法的にも禁止となっておりますので避けて下さい。
内面に塗装されると亜鉛が溶出します。

Q43:ローバルシリーズを塗った鋼材に熱をかけたい。

A:ローバルシリーズの耐熱温度は、連続24時間加熱で170℃です。
(ただし、エポローバルの耐熱温度は、連続24時間加熱で300℃)
※採用の際には実環境にて試験するなどして、使用可否を判断して下さい。

Q44:鋳物への使用条件はあるか?

A:適切な素地調整(2種ケレン)を施し、塗装して下さい。
アルミニウムへの塗装は避けて下さい。

Q45:鋳物(亜鉛めっき)の加工・補修箇所へローバルは塗装出来るか?

A:塗装可能です。適切な素地調整の後、塗装して下さい。

Q46:アルマーめっき、アルミダイキャストなどへ使用できる?

A:市販のアルミ製品にローバルを塗装しても大きな問題は起きないと考えられます。
根拠
①:過去の弊社暴露試験において剥離などの問題は起きていません。
②:市販のアルミ製品の表面は、通常酸化皮膜や塗装などが施されており安定な状態であると推測される。
※ ただし、理論上大気中に於いてローバルの原料である亜鉛は、アルミニウムを腐食から守れませんので弊社としては問題が起きても保証等はいたしかねます。
※アルマーめっき:アルミニウムによる被覆のこと

Q47:亜鉛めっき+クロメート処理の上にローバルは塗れる?

A:建築金物でよく見かける光沢クロメート(ユニクロ)や、有色クロメート(虹色がかった金色)は処理皮膜が薄い為導電性が概ね認められるのでそのまま塗装可能と思われます。
水性ローバルはクロメートと相性が悪いためはく離しやすくなります。

Q48:ローバルシリーズをリン酸亜鉛処理した鉄板上に塗って効果ある?

A:形成された皮膜に導電性があるかどうかで効果を判断しますが、通常μm単位以下程度の皮膜であり導電性は有していますので適用は可能と思われます。
可否の判断が不安な場合、軽くサンドペーパーなどで目荒らしすれば可能です。

Q49:車のボディー、足周り、及びマフラーへの塗装は可能か?

A:塗装は可能ですが、主にシャーシ、タイロッドなどへの適用が多いようです。
マフラーなど耐熱性が求められる箇所には、エポローバルを使用して下さい。
(エポローバルの耐熱温度:連続24時間加熱で300℃)

Q50:亜鉛めっき鋼板(ガルバリウムなど)にローバルは塗装できる?

A:塗装可能です。 被塗面を清浄にした後塗装して下さい。
ただし、塗装鋼板ではさび止め効果は期待できません。
詳しくは弊社ホームページ、ダウンロードコーナーの塗装施工仕様書をご参照下さい。

Q51:家畜の尿や糞がかかる場所はどうする?

A:亜鉛の消費量が一般環境に比べ大きくなるため、耐食期間が短くなる可能性があります。
 そのため、ローバルを3回塗以上、塗膜厚120μm以上を推奨いたします。
 使用経年後、赤さびが発生した場合は、その部位を充分除去洗浄した後、ローバルで補
 修する必要があります。

Q52:銅、銅管にローバルは塗れる?

A:電位的には塗装可能です。ただし亜鉛の消耗が鉄に比べ促進されると考えられます。

Q53:ローバルをステンレスの上に塗りたいが?

A:金属表面を磨き目荒らししてから塗装することをご推奨します。

名称未設定 5

Q54:ZRコート処理(亜鉛アルミマグネ合金処理)にローバルは塗装可能か?

A:導電性は確認しており、塗装可能です。皮膜はZAM(日新製鋼:Zn、Al、Mg合金めっき)組成に近似しておりますのでローバルシルバーをご推奨いたします。

Q55:避雷針改修時、ローバル塗装では何を気を付ければよいか?

A:受雷部(突針部)の金めっき部、クロームめっき部などには塗装しないで下さい。
塗装すると抵抗が大きくなり性能が落ちます。
塗装箇所は、支持管、溶接部、4方支線固定金具、ボルト・ナット、溶融亜鉛めっき、ステンレスなどです。

Q56:スタッドジベル溶接の熱影響による塗膜の補修は必要か?

A:補修は必要と思われます。
ローバルは、耐熱170℃ですが、それ以上に温度が上がる場合があります。
特にスタッドボルト径16φでの鋼板裏側の温度は板厚8tで400℃以上になることもあるようです。(300kVA~)

◆スタッド溶接による鋼板裏側の温度について:溶接機メーカーからの聴取例
条件:スタッドボルトφ12.7mm、のとき、鋼材厚8mmでは400℃、12mmでは200℃程度それぞれ昇温するようです。

Q57:亜鉛めっき製無線鉄塔がさびてきたが何を塗ればよいか?

A:常温亜鉛めっきローバルで塗装して下さい。特にボルト・ナット、地際部など塗り広げず置いていくようにたっぷり塗ってください。赤サビ箇所は、清浄な素地を露出させ、旧塗膜は除去して下さい。 白さびは、軽く目荒らし(#180~240)を実施して下さい。