Q1:ローバルシリーズは、危険物?

A:溶剤系は、消防法の第四類第2石油類の危険物ですが、水性ローバルは非危険物です。
(エポローバル及びエアゾール商品群は第四類第1石油類)

Q2:ミルシートが欲しいのですが?

A:成分表・試験成績表を用意しております。

Q3:出荷証明書が欲しい

A:書式を弊社で用意しています。
FAXで送信いたしますので以下の点をご連絡下さい。
◎宛先    ◎施工業者   ◎納品業者   ◎工事名
◎塗装業者  ◎出荷商品   ◎出荷日

Q4:(M)SDS(製品安全データシート)が欲しい

A:各種商品別に用意しています。弊社ホームページ各種資料ダウンロードコーナーからダウンロードできます。

Q5:さび止めに関連するJIS規格について

A:関連するJISには以下のようなものがあります。

JIS番号規格名称
K5551構造物用さび止め
K5621一般用さび止め
K5625シアナミド鉛さび止め
K5629鉛酸カルシウムさび止め
K5674鉛・クロムフリーさび止め
K5552ジンクリッチプライマー   *1種 無機  *2種 有機エポキシ
K5553厚膜形ジンクリッチペイント *1種 無機  *2種 有機エポキシ

Q6:ローバルシリーズのJIS規格は?(官庁に提出できる書類はある?)

A:JIS規格には該当しませんが、国土交通大臣より品確法の特別評価方法による
  認定をいただいており、この認定証を提出します。
  その他、官庁向けの豊富な実績など、提出資料をご用意しております。
  なお、ホームページより認定証はダウンロード可能です。

Q7:ローバルは東京都標準仕様書の中にある規格に該当するか?

A:標準仕様書は、JIS該当品を基準にしていますのでJIS規格に該当しない弊社の塗料は該当しないと考えます。
  しかし国土交通大臣より品確法の特別評価方法による認定をいただいておりますので、この認定証を提出します。

Q8:橋梁での具体的な施工実績について教えて。

A:耐震補強工事、支承部めっき代替、鉄骨・照明柱改修など、実績は豊富です。ご請求があれば実績をお送りします。

Q9:国土交通省の共通仕様書にローバルの記載はあるか?

A:平成22年度版の公共建築工事標準仕様書(建築工事編)の14章「金属工事」2.3「鉄鋼の亜鉛めっき」(b)「溶融亜鉛めっきの仕上がり」の項目で、不めっき傷の補修で局部的に欠陥が点在する場合に、「ワイヤーブラシで入念に素地調整を行ったのち、高濃度亜鉛末塗料により補修を行う」とあります。
この高濃度亜鉛末塗料にローバルは該当すると考えています。

Q10:ASTMという規格は何か?

A:ASTMとは、American Society For Testing and Materials、米国材料試験協会規格の略です。

Q11:ローバルシリーズはシックハウス対応になっているか?

A:水性ローバルは厚生労働省が室内での濃度指針値に掲げる13物質以外の材料を配合しシックハウス対策※1をしています。ほぼVOCを含まず臭いもほとんど無いため安心してご使用いただけます。
その他の商品はトルエン又はキシレン、エチルベンゼンを含むためシックハウス対応ではありません。 ただし、ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆を取得していますので、ホルムアルデヒドの放散は心配せずに使用することができます。
※1: 厚生労働省は、ホルムアルデヒド、トルエン、パラジクロロベンゼン、クロルピリホス、フタル酸ジ-n-ブチル等13物質の室内濃度指針値を設定しています。

Q12:特定化学物質障害予防規則(特化則)に加えられたエチルベンゼン、MIBK(メチルイソブチルケトン)は含有している?

A:含有している製品もあります。(下表参照)
特化則に基づき、該当製品のラベル、SDSに表示しております。
特化則表